環境改善の方法 | ハイビスカスの剪定を草取りの導入と平行して活用

ハイビスカスの剪定を草取りの導入と平行して活用

ガーデニング

環境改善の方法

なぜ草取りを行うのか

庭

庭に雑草が生い茂っていると手入れが行き届いていない荒れた感じに見えてしまいます。こうした状況は見た目にもよくはありませんし、放置していると雑草の種子が飛んで新たな雑草の芽があちこちに生えてきます。周辺に空き地があれば分かると思いますが、人の手を加えていない事で雑草が人の背丈よりも高く生い茂り、公道にまで飛び出るなど荒れ放題になっています。こうなると虫が繁殖しやすくなり周辺の民家に侵入する事になりますからそうならないように草取りは定期的に行うようにした方が良いでしょう。 とは言え、土の中に根を張り巡らせている雑草の草取りは結構重労働です。放置すればする程根も太くなっていますから一々引っこ抜いていたら時間がいくらあっても足りません。

効果的な取り除き方法

草取りの大変さは面積によっても変わってきますが、一人でやるのが厳しい広さであればやはり機械に頼るのが一番です。草刈機を使う事で労力は省けますし、あっという間に荒れた草木を刈り取ってくれます。しかし草刈機を買うとなると購入価格も気になりますし、たかが草取りのためだけに購入するのは躊躇してしまうですかも知れません。 そういった場合には農具器具をレンタルする方法もあります。費用はそれ程掛かりませんし、そんなに頻繁に使用するものでもありませんから却ってレンタルの方が安上がりになります。 草刈機で刈り取った後は、生い茂っていた草木もなくなり土だけになりますが、根は生やしたままなのでこのままですと再び生え出してきます。そこで根の生えた土をスコップなどで掘りだしていく事で完全に取り除きます。除草剤も効果的ですが周辺の緑を腐らせる容認にもなりますのでなるべく使用しない方が賢明です。